日々の生活において身体の不調や痛みを抱えていませんか?


「腰が痛い、ひざが痛い」

「側湾症で肩の痛みが日常化している」

「痛みがひどくて病院に行ったが“特に異常はない”と言われた」

「ずっと健康に暮らしていくための簡単なエクセサイズを知りたい」

「専門のお医者さんはどうやって見つけたらいいの?」

「病院で診察してもらってもお医者さんとゆっくり話す機会がない」

・・・など、ネットで調べてもなかなか良い情報にめぐり会えなかったりもしますね。


また、病院の診療だとゆっくりお医者さんとコミュニケーションできる時間もなかったりするものです。


今回、100本以上の論文を研究し、自らも体を張って健やかに生活するための実験や研究をしている健康オタクの整形外科医に、健康について相談できる場を設けることができました。


せっかくの貴重な機会ですので、タイミングの合う方は、ぜひご参加ください。

開催日時


日時:2022年4月30日(土曜)20時〜


講師:佐藤進一(整形外科医)

進行:渡邊愛子(当協会代表理事)


※zoomのウェビナーにて、事前または当日に頂いた質問やコメントにお答えしていく形式です。

(当日リアルタイムでご参加できなかった方も、お申込者は後日録画を視聴できるようになりますので参加者のお顔やお声は表に出ない形となります。予めご了承ください)

*視聴期限:共有開始から1か月間

相談会の内容



ご参加の方々の個別のお悩みや課題について、zoomというオンラインシステムを使ってグループ相談会という形でお答えしていきます。

お申し込み後、アカウントにログインしたご案内ページ内(コースカリキュラム)のコメント欄にて事前にご相談内容をお寄せください。お寄せいただいた中から現役の整形外科医がライブでお答えします。(すべてのご相談にお答えできるわけではありません)

また、事前にご相談内容を送っていただかなくても、当日のグループ相談会で、チャットによるコミュニケーションは可能です。

他の参加者の方の相談内容でもご自身にもシンクロするところがきっとあると思います。

<質問例>


Q:腰が痛いので楽な椅子を探している。何か良い椅子はありますか?


Q:かかりつけ医のお話やインターネットで調べてもたくさんの情報が目に入ってきて、どれが適切な情報か判断できません。自分に合った情報はどのように手に入れたらよろしいでしょうか?


Q:足が痛くて長年病院に通っていますが、なかなか治る兆しが見えません。湿布を貼って凌いでいますが、西洋医学では治すことはできないのでしょうか?


Q:今の医療は身体に何か異常が生じたら病院に行って治療するというシステムですが、未然に病気や疾患を防ぐことができれば医療費も安くなり健康でいられる期間が長くなると思っています。病気を未然に防ぐための医療にはどのようなものがありますでしょうか?


・・・など

佐藤進一/整形外科医



千葉県の整形外科クリニックに勤務。多くの患者の診療や治療を行う中で、様々な身体の不調や痛みの軽減に尽力している。瞑想や呼吸法の実践者。

また100本以上の論文を研究することで整形外科以外の分野のことにも積極的に研究、実践し、日常生活の中で誰にでもできる健康法を伝えている。

こんな方におすすめ!



  • 腰痛や足の痛みなど身体に問題を抱えている方
  • 医療情報が多すぎてどれが正しいのかわからない方
  • 適切な情報を選択できる自分になりたい方
  • 医療業界の裏側を知りたい方
  • 医療現場で何が起きているのかを知りたい方
  • 自分にあった医療に出会いたい方
  • ウェルビーイングな生活を送りたい方

受講価格